所沢市の陶芸教室「陶芸工房 たびびとの木」のブログです。


by tabibitonokitkrzw

時計

お友達が新居を建てたので、お祝いにペットのパグをモチーフにした時計を作りました。
石灰と黒天目で仕上げたいと思ってます(^^)
ナツの子供体験に向けて時計のキット(1050円)を幾つか仕入れますので、作りたい方はこの機会に是非どうぞ〜♫
c0298879_1735557.jpg

[PR]
# by tabibitonokitkrzw | 2013-06-11 16:59
一般の方向けに、お得な3回体験の夏限定、素麺鉢セット体験を募集中です(^○^)

期間→2013年 6月8日〜7月31日
内容→3回で素麺鉢一個、蕎麦猪口二個制作
一日目 蕎麦猪口二個制作
二日目 素麺鉢一個制作
三日目 色つけ
料金→7350円

※写真はイメージです。もっと渋めな色合いや、POPな雰囲気にも変更出来ます★

※期間中に一日目をスタートして下さい♫一日目から数えて、三ヶ月以内が有効期限となります。

夏秋は、ひやむぎや蕎麦の美味しい季節ですね。是非手作りの器で楽しんで下さい(^○^)
素麺の季節が終わっても、煮物鉢や小鉢としても大活躍するサイズです。

ご希望の方はホームページか、お電話で『素麺鉢セット体験』とお申し付け下さいね(^^)♫
c0298879_21181121.jpg

c0298879_21181269.jpg

[PR]
# by tabibitonokitkrzw | 2013-06-07 20:31

料亭で

所沢工房の会員さんに、『やまき』という料亭のお嬢さんがいらっしゃるのですが(とても美人)

やまきさんは、入間市宮寺のアウトレットの直ぐ側です(^^)

彼女が作ってくれた小皿が、料亭の皆さんに大好評♫♫♫
なんと、お店の器として採用してくれたそうです。
お料理がとても美味しく、店員さんも素敵な品のあるお店ですので、工房のスタッフも大喜び!!

写真の黒とグレーの小皿がそれです。コーヒーのポーション入れとして活躍してくれてます(⌒▽⌒)

赤土に、白マットと黒マットをかけた後、五寸釘でガリガリと丸く釉薬を削り落とします。
これが結構手に負担っ!!数を沢山作ってらしたので大変だったと思います(*^^*)
採用おめでとうございます。お疲れ様でした★
c0298879_19505937.jpg

[PR]
# by tabibitonokitkrzw | 2013-06-01 19:33

和紙染め講習会の様子③

c0298879_1512862.jpg

c0298879_1512927.jpg

c0298879_1513047.jpg

和紙染めが重なると、微妙な藍色のグラデーションになって、益々涼しげで素敵ですね(^○^)

染めが始まれば、一発勝負!?なところもありますので、とにかく皆さん真剣、真面目です!!
『和紙がズレたっ』『ダミが垂れたーっ!』など、時々悲鳴が聞こえたり、パーツが細かくて大変そうな方もいましたが(*^^*)皆さん黙々と頑張ってました。

部分的に筆を使って、輪郭線や模様を足すと、より奥行きのある作品になりますね(⌒▽⌒)

和紙染めの様子は今回でおしまいです。
参加してくださった会員さんの中には、この技法にハマり、暫くは和紙染め三昧の方も多く見られました。

材料や道具は常に用意してありますので、やりたい方はスタッフに言ってくださいね♫♫♫
c0298879_1513155.jpg

[PR]
# by tabibitonokitkrzw | 2013-05-29 11:34

和紙染め講習会の様子②

作品名和紙染め
c0298879_11495345.jpg
c0298879_11495439.jpg
準備した道具はこれです。

和紙(今回は障子紙)、ハサミ、ピンセット、呉須のダミ、水、鉛筆

障子紙を染めたい形にカットして、あらかじめ軽くアタリを付けた素焼きにON!!
その上に呉須のダミをたっぷり垂らします。素焼きがしっかりと呉須を吸い込むと、和紙が白っぽくなりますので、そうなってからピンセットで和紙を剥がしましょう。

ここでのポイント
①呉須が他の場所に垂れない様に、呉須を垂らす角度に注意

②和紙が乾くのに長くて1分程かかる場合があるので、パーツは幾つか準備して乾かしている間に、他の箇所を染めると、効率的

③和紙を必ず剥がす!!!当たり前の様ですが、呉須が染み込んだ和紙は他の染めた箇所と見分けが付かず、ウッカリそのまま釉掛けしてしまう方が居ます( ̄◇ ̄;)

[PR]
# by tabibitonokitkrzw | 2013-05-20 20:21