所沢市の陶芸教室「陶芸工房 たびびとの木」のブログです。


by tabibitonokitkrzw

カテゴリ:未分類( 401 )

バラの練り込み講座 作品完成
c0298879_20485851.jpg
一足先に仕上がりました、バラの小鉢。
高台も後付けしましたよ。
イメージはデザート皿でしたが、春キャベツのコールスローを入れてもいい感じ。
c0298879_20510372.jpg


by tabibitonokitkrzw | 2019-03-15 20:48

バラの練り込み講座②

バラの練り込み講座②
8色になった粘土を更にひらたい延べ棒に。
c0298879_08065248.jpg
お水をつけて、グラデーションするように重ねます
c0298879_08065506.jpg
叩いて伸ばして
c0298879_08065800.jpg
4当分に
c0298879_08070223.jpg
ランダムに切り分け
c0298879_08070548.jpg
大きさ順に並べます
c0298879_19443231.jpg
サイドを潰して
c0298879_19444155.jpg
重ねます
c0298879_19445358.jpg
空気が入らないように、きつく巻く!
c0298879_19450372.jpg
しっかり叩いて密着させます
c0298879_19505740.jpg
重しをして、一週間以上寝かせてからスライスしましょう。
c0298879_19520295.jpg


by tabibitonokitkrzw | 2019-03-06 08:05

バラの練り込み技法①

バラの練り込み技法①

沢山の方がご参加され「思ったより難しくなくて楽しい!」とコメントを頂いたバラの練り込み講座。お陰様で無事終わりました。一週間生地を寝かせ終わった現在、着々とバラの小鉢制作が進行してます。初夏に咲く生花より一足先に、たびびとの木にバラの花が咲き乱れる予定です。
今回のブログでは日程が合わず講座に参加出来なかった方や、参加した方の再チャレンジ用にバラの練り込み技法を紹介いたします。
思ったより難しくないとのコメント通り、特別な技術は必要ありません。手順が全てです。写真の通りにやれば出来ますので、説明は少なめですよ。
同じ量の2種類の土を延べ棒状態に。これは白土とピンク土
c0298879_14595041.jpg
8当分の線を描いて重ねる
c0298879_15000037.jpg
重ねて
c0298879_15001164.jpg
切る。
c0298879_15002075.jpg

c0298879_15003291.jpg
それぞれの塊をしっかり混ぜる。
c0298879_15013926.jpg
グラデーション粘土の出来上がり
ここまでの大事なポイントは、土が乾かないように手早くやる事です。とにかく手数が多いので、一つ一つの作業をなるべく早く正確にお願いします。
続きは次回、バラの練り込み講座②でご紹介します。

by tabibitonokitkrzw | 2019-03-04 14:59

ガンダム兜

ガンダム兜
c0298879_17320995.jpg
色だけ真似する予定で、わかる人にだけ気付いて貰えたらなぁと思ってたのに、形でも主張してしまったガンダム兜。
素焼き後は赤、青、黄色を塗りますよ。


by tabibitonokitkrzw | 2019-02-25 17:31

★兜作り★

★兜作り★
3月10日に「新 三八市」に参加する事になりました。商店街の優しいおじさんが誘ってくれたのです。
これを期にという訳ではありませんが、ワタクシ左手の指を切断致しました。
ずーっと痛かったので。
痛みからの解放後の仕事っぷりをご覧下さい笑笑↓
★三八市用、兜作りの紹介★
小丼をロクロ挽きして
c0298879_13271045.jpg
少しカットして
c0298879_13271423.jpg
源氏パイを作り、
c0298879_13271962.jpg
これもカット
c0298879_13272567.jpg
飾りつけしたら、
c0298879_13273105.jpg
あっという間に兜の出来上がり!
c0298879_13303210.jpg
こんなにはかどるのかと、非常にびっくり。
やる事なす事楽しくて仕方ありません。これからはロクロもジャンジャン挽きますよー!


by tabibitonokitkrzw | 2019-02-12 13:26

アド街

アド街

2月9日(土)21時〜
出没!アド街ック天国にスタッフ椙江さんの父上が経営するライブハウス「YOKOHAMA 7th Avenue」が出演します。
こちら横浜の老舗ライブハウスで、X JAPANの聖地!Yoshikiとhideをここで紹介したのは椙江さんのお父さんで、なんとトイレの前で紹介したそうですよ。若かりし頃のユズもこちらで大活躍。ユズはいまでも時々カボスと名を変えてシークレットライブを開催しています。
あ、DA IGOも来てる。

ご興味ある方は是非ご覧ください。

by tabibitonokitkrzw | 2019-02-05 13:01
バラの練り込み講座のお知らせ
c0298879_21355855.jpg
練り込みという技法を使って、薔薇の花のような模様の鉢やお皿を作る講座です。

この講座では8種類のグラデーションを効率的にも作る方法と、それを使って薔薇の模様を簡単に表現する方法をお伝えします。

ロクロを殆ど使わないこの技法は、初めての方にとってはとても新鮮で面白く、絵付けが苦手という方にとっても、絵付けとは全く違うアプローチでの薔薇模様を楽しんでいただけます。

また普段は割高のピンク土も、今回は通常価格でご提供致します。

たびびとの木の会員さんはもちろん、この技法だけ知りたい!!という外部の方も大歓迎です。

ご興味ある方は、下記詳細をご確認後、陶芸工房たびびとの木(所沢)までお電話にてご予約またはお問合せください。
04-2903-2333
火曜日〜日曜日(10時〜17時)

日時(2019年)
2月12日(火)10時〜12時半
      15日(金)10時〜12時半/14時〜16時半
      16日(土)10時〜12時半/14時〜16時半
     20日(水)10時〜12時半/14時〜16時半
     21日(木)10時〜12時半/14時〜16時半

お好きな時間を、1クラスお選びください

参加費 会員さんは無料(材料費のみ)
           外部の方は4320円(別途材料費)
※先着順



by tabibitonokitkrzw | 2019-01-25 21:35

吹付け

吹付け
吹付けという技法があります。
あまりにも普通というか、当たり前と思っていた技法なので、これまでブログで紹介しませんでした。
でも先日、たびびとの木のベテラン会員さんが吹付けを初めて見たと聞き驚きました。

霧吹き(陶芸用)に釉薬をたっぷり入れて、作品に思い切り吹付けます。
今回はスープカップ15個に吹付け。
1つにつき、8周吹付けました。
二、三個目でクラクラし、ラスト4個くらいで吹付ける唇が閉じなくなりました笑笑
出来上がりはまた次回。

c0298879_21323368.jpg
c0298879_21325768.jpg


by tabibitonokitkrzw | 2019-01-21 21:31

〜西武沿線体験図鑑〜

〜西武沿線体験図鑑〜
Web情報マガジン「西武沿線体験図鑑」にたびびとの木が掲載されました。西武沿線のお楽しみスポットや、素敵なお店を紹介している情報サイトです。
「西武沿線体験図鑑」または「ぐるっとプラス」で検索してください。
紹介カードは工房のお知らせコーナーに置いてあります。
スマホやパソコンをご利用でない方は、プリントを工房に用意してございます。
たびびとの木以外にも魅力的なお店が沢山載ってますので、皆さま是非ご覧くださいね(^ ^)
c0298879_12294001.jpg


by tabibitonokitkrzw | 2019-01-08 12:23
明けましておめでとうございます
昨年中は大変お世話になりました。
2019年気持ちを新たに、今年もどうぞ宜しくお願い致します。
c0298879_11420979.jpg
2018年の最後は正月花フラワーアレンジメント講座でした。この日の工房はお花の教室に変身。
c0298879_11421257.jpg
華道家の先生が抱えきれないほど沢山の花材を用意してくれました。
c0298879_11421561.jpg
「なんでも聞いて、難しくないのよ」と気さくな先生のデモンストレーション。
c0298879_11421941.jpg
腕組みで眺める姿が堂に入っている会員さん。
c0298879_11514677.jpg
時折 手にささる松の葉に苦戦しながら、バランスに悩みながら活けていきます。
c0298879_11422252.jpg
c0298879_11434150.jpg
それぞれの完成した正月花。
皆さんご満足いけたかなあ?
たびびとの木では、正月花を活ける花器を会員さんご自身で制作しています。ここがウチの面白いところですね。この日の為に用意しました。花器が良いので、お花も益々映えます。
c0298879_11442257.jpg
最後にお花だけでパチリ。ちょっと夜のお店みたいになりましたね!笑笑
c0298879_11442675.jpg
私は工房に一つ、家に一つ用意しました。
お陰様で良いお正月、年神様を迎えられます。

新年レッスンは、1月4日(金)からです。
お待ちしてます。

by tabibitonokitkrzw | 2019-01-02 11:39