人気ブログランキング |

所沢市の陶芸教室「陶芸工房 たびびとの木」のブログです。


by tabibitonokitkrzw

<   2019年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

スケッチ講座の様子2

スケッチ講座の様子2
スケッチ講座の様子2_c0298879_08472572.jpg
鉛筆の持ち方とポイントを説明しながら、するすると見本を描く先生。
スケッチ講座の様子2_c0298879_08474474.jpg
殆どの会員さんがデッサンは初めて
スケッチ講座の様子2_c0298879_08475427.jpg
チコちゃんヘアにキメた小学生女子も頑張ってます
スケッチ講座の様子2_c0298879_08480484.jpg

リンゴを本当によく見れば、赤の奥に黄色や緑がいること、ガーベラだって、ピンクの奥には暗ーい紫や黒い陰がある事。先生が教えてくれます。
↓こちらは先生の見本、流石ですね。
スケッチ講座の様子2_c0298879_22263018.jpg
時間が足りない中、頑張って仕上げた皆さんのデッサン。写真を拡大出来る方は、是非拡大して見てみてください。
スケッチ講座の様子2_c0298879_22264175.jpg
皆さんものすごーく、上手じゃないですか?!初めてでこれ!始まる前は「できないできない、描けるわけない!すっごく下手なのよー」とみんな合唱してたのに、、、。
あまりにも言うから、ダウンタウン浜ちゃん並の強者をちょっと期待してたのに、、、笑笑
スケッチ講座の様子2_c0298879_22265391.jpg
会員さんの潜在能力を引き出した先生もさる事ながら、参加された会員さんのあまりの上手さに驚きました。本当に。

今回のように、少し時間をかけてモチーフを正確に写し取ることによって、思ってもなかった凹凸や影や色、新しい発見があるんですね。
その発見こそが表現やデザインの源です!
陶芸の絵付けはもちろん、造形にも必ず生きてきますので、皆さん時々はまたデッサンしてみてくださいね。

by tabibitonokitkrzw | 2019-04-26 08:46

スケッチ講座の様子1

スケッチ講座の様子1
たびびとの木は絵付けも楽しめる陶芸教室です。会員さんは様々な技法、釉薬、絵の具を使って作品を制作されてます。
今回のスケッチ講座は絵付けをもっと気軽に楽しめるよう、絵を描く際の基礎である「モチーフの捉え方」を狭山ヶ丘美術研究所の志田政之先生に教えていただきました。
スケッチ講座の様子1_c0298879_08015203.jpg
モチーフはリンゴとガーベラ。リンゴは丸いようで実は多面体、かぼちゃの凹凸を薄くしていったような形をしています。リンゴ=丸というなんとなくの概念を速攻で打ち砕く完璧なモチーフです。
スケッチ講座の様子1_c0298879_08020491.jpg
画用紙、鉛筆、色鉛筆、練り消しを用意して、いつもの陶芸教室の雰囲気が少し変わります。私はこの味変が結構好き。
続く。

by tabibitonokitkrzw | 2019-04-26 08:00
★新コース「フリー会員」開設のお知らせ★
★新コース「フリー会員」開設のお知らせ★_c0298879_20181895.jpg
仕事や家事で忙しいけれど、陶芸を習ってみたい、お気に入りの器を作りたい!という方に向け、たびびとの木所沢店では2019年5月より新コースを開設いたします。

無理なく通える3カ月5回完結
フリー会員

レッスン料:12960円(3カ月で5回)
材料費:1g/3.24円
(材料費の目安→マグカップ1個で約750円)

作る数やペースは十人十色、その都度スタッフがご相談にのりますので、マイペースで進んで行きましょう。
土を捻り、揉み、制作に没頭していると時間が経つのも忘れてしまいます。忙しい毎日の中の「潤い」と「無になれる時間」をお楽しみください。

興味あるけど、、、と迷っている方はまずは体験から!体験当日にご入会の方は体験料が無料になります。(もちろん、体験だけでも大丈夫ですよ)
体験お問合せフォームはこちらhttp://tabibitonoki.info/contact.php

ご質問・お問合せはお電話でも承ります。どうぞお気軽にご連絡くださいませ。
☎︎04-2903-2333
10時〜17時
定休日:月曜祝日

新コースは定員30名が埋まり次第、受付を終了致します。


by tabibitonokitkrzw | 2019-04-16 20:15

GWのお知らせ

GWのお知らせ
GWのお知らせ_c0298879_09441901.jpg
2019年のゴールデンウィークは、写真の赤丸の日をお休み致します。
よろしくお願いします。

たびびとの木 所沢

by tabibitonokitkrzw | 2019-04-08 09:43

たびびとの木

たびびとの木
たびびとの木_c0298879_11050750.jpg
会員Sさんにたびびとの木のドライをいただきました。鮮やかな青い固まりは種だそう。

社名である「たびびとの木」は実在する植物です。長く通ってくださる会員さんでも知らない方が多いので、社名の由来についてお話しします。

〜由来〜
亜熱帯地域や乾燥地方に棲息するたびびとの木は、その葉柄に水分を蓄え旅人に潤いを与えます。当工房も自然界のたびびとの木のごとく、陶芸を通じた町のオアシス的存在として、皆様にご愛顧いただけるよう誕生いたしました。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/タビビトノキ

陶芸で面白く遊び、楽しんで、リフレッシュして欲しい!のです。

その為、我が社の表記は陶芸教室ではなく、あえて陶芸工房としています。技術を教えるのではなく、一緒に楽しめるようにお手伝いするのが「陶芸工房たびびとの木」です。

土を捻り、揉み、制作に没頭していると時間が経つのを忘れてしまいます。陶芸を通じて、忙しい毎日の中の「潤い」と「無になれる時間」を楽しんでください。

工房の受付に、しばらくたびびとの木を飾ります。青い種はいずれ変色してしまうそうなので、お早めにご覧くださいね(^ ^)
因みに、次回はSさんとたびびとの木と本橋先生にまつわる小話を記載したいと思います♫


by tabibitonokitkrzw | 2019-04-01 11:04